• Fantastic English

a/an, the 友達です


どうやって生徒達に単数名詞の前に”a”をつけるのを忘れさせないようにさたか?彼らが毎週行なう事をもっと自然に、快適にさせるよう仕向けたのです。カレンダーブックに色を塗るとき彼らはクレヨンを貸してください。と頼まなくてはいけません。

日本語では一つでも複数でもクレヨンはクレヨン。数を最初からはっきり言う習慣が無い私たちにとっては慣れるまでが大変です。多くの日本人が間違えたり忘れてしまう部分です。

英語は簡単ではありませんが、もっと細かい情報まで伝えることができます。

単数名詞の前には a/an のどちらかが付きます。I have a yellow crayon. Can I have an orange crayon, please?

複数前には____ s(後ろに s)が付きます。I have 2 yellow crayons. May I have 2 orange crayons, please?

一つに満たないものにはどちらも付きません。Oh no! I have red crayon on my shirt.

そこで、生徒がクレヨンを借りるとき a を付け忘れて“Can I have red crayon, please?” と言った場合、彼らは小さく砕かれたクレヨンを使わなくてはいけません。もちろん手が汚れてしまうので、今度は “May I have “a” tissue, please?” ティッシュを(1枚)くださいと言わなくてはいけなくなります。

#esl #sapporo #englishschool

 

011 215 0270

©2018 by Fantastic English Sapporo. Proudly created with Wix.com