Newspaper_edited.jpg

OUR NEWS

What‘s happening at Fantastic English.

 

a/an, the 友達です

どうやって生徒達に単数名詞の前に”a”をつけるのを忘れさせないようにさたか?彼らが毎週行なう事をもっと自然に、快適にさせるよう仕向けたのです。カレンダーブックに色を塗るとき彼らはクレヨンを貸してください。と頼まなくてはいけません。 日本語では一つでも複数でもクレヨンはクレヨン。数を最初からはっきり言う習慣が無い私たちにとっては慣れるまでが大変です。多くの日本人が間違えたり忘れてしまう部分です。 英語は簡単ではありませんが、もっと細かい情報まで伝えることができます。 単数名詞の前には a/an のどちらかが付きます。I have a yellow crayon. Can I have an orange crayon, please? 複数前には____ s(後ろに s)が付きます。I have 2 yellow crayons. May I have 2 orange crayons, please? 一つに満たないものにはどちらも付きません。Oh no! I have red crayon on my shirt. そこで、生徒がクレヨンを借り

TOEFLのスピーキングテストで27点!!

(note: 最高得点が30点とされているスピーキングテストですが、英語圏にに住んでいる人以外では23点位が高得点と言われています。) 多くの人が思われているように、TOEFLのSpeakingセクションは日本人にとって高得点を取るのが最も難しいセクションだと思います。日本の学校教育ではスピーキング力をつける機会があまりないため、限られた時間内にスピーキング力をアピールすることが求められるTOEFLのSpeakingセクションには、学校教育とは別の特別な対策が必要だと思います。私は、Fantastic Englishの英会話レッスンを受け、幸いにもSpeakingセクションで27点を取ることができました。高得点につながった理由を自分なりに考えてみると、(1)発音、(2)イントネーション、そして(3)話すスピードが重要であったように思います。発音とイントネーションについてはネイティブのようでなくてもいいと言う人もいますが、私自身の経験や周りの友人の話からすると、やはり発音とイントネーションが良いと高得点につながるように思います。Fantastic